#検査にまつわる
体験談一覧

PAH患者さんの、検査にまつわる体験談を紹介しています。

喘息と思っていて、PAHと診断されるまで
時間がかかりました。

何をしても息が切れておかしいと思いながらも、喘息と言われていて、ずっとそうだと思っていました。
それでもおかしいと思い、再度受診したときに「胸が痛い」と言ったところ、エコー検査で肺高血圧症が見つかりました。
#検査 #診断前

治療法と自分の体質との相性を、
徹底的に調べて良かったと思います。


心房中隔欠損症の閉鎖のため、アンプラッツァーカテーテル手術を受ける予定でしたが、事前に金属アレルギーの検査を自らの意思で受け、ニッケルアレルギーが判明しました。
そのためこの治療は受けられなくなりましたが、納得いくまで検査を受けて良かったなと思いました。
#検査 #情報収集 #治療中

検査結果を細かく見てもらえる
丁寧な診察に満足しています。

先生は、いつもの血液検査では結果を上から順に何か気になることはないか、ひとつひとつしっかり見てくれていますし、必ず「気になることはないですか」と聞いてくれるので診察には満足しています。
#医師との会話 #検査 #治療中

※掲載しているコメントは個人の意見であり、
すべての方に当てはまるわけではありません。
ご不明なことがありましたら、主治医、看護師にご相談ください。

PAHの仲間に会う

PAHの仲間に会う