PAHの重症度

PAHは病気の進行とともに
症状があらわれます

PAHは病気の進行とともに症状があらわれます。
最初は症状がない、または非常に軽いものですが、病気が進行すると軽い運動でも息苦しさや疲れやすさなどの症状を自覚するようになります。さらに進行すると、安静にしていても症状があらわれ、意識がなくなる(失神)こともあります。

監修:千葉大学大学院医学研究院 呼吸器内科 教授 巽 浩一郎

PAHを知る