PH、PAHとは

肺高血圧症(PH)は、心臓から肺へ血液を送る血管(肺動脈)の血圧が高くなる病気です

「肺高血圧症(Pulmonary Hypertension:PH)」という病名を初めて耳にして、不安を感じているかもしれません。そのような患者さんに、ご自身の病気を理解して上手につきあうためのポイントについてご紹介します。
肺高血圧症は、心臓から肺へ血液を送る血管(肺動脈)の血圧が高くなる病気です。
肺動脈の血圧(肺動脈圧)が高くなる主な原因は心臓や肺の病気ですが、原因がわからない場合もあります。

肺動脈性肺高血圧症(PAH)はPHの1つであり、原因によっていくつかの種類があります

肺高血圧症(Pulmonary Hypertension:PH)は原因によって5つの群に分類されます。
そのうちの第1群が肺動脈性肺高血圧症(Pulmonary Arterial Hypertension:PAH)であり、さらにいくつかの種類に分けられます。

監修:千葉大学大学院医学研究院 呼吸器内科 教授 巽 浩一郎

PAHを知る