PAHで使用できる
医療費助成制度

PAHは、厚生労働省により難病や小児慢性特定疾病に指定されており、さまざまな医療費助成制度が適用されます。健康保険に加えてこれらの公的な助成制度を利用することによって、患者さんの負担を軽減することができます。ただし、どの制度が適用されるのかは、病気の種類や障害の程度によって異なります。まずは主治医や病院のソーシャルワーカーにご相談ください。
また、主な助成制度(下表)以外にも、自治体によって独自の助成を行っていることがありますので、お住まいの自治体にもご確認ください。

指定都市:⼈⼝50万⼈以上の市のうちから政令で指定
中核市:⼈⼝20万⼈以上の市の申出に基づき政令で指定
各助成制度の受付窓⼝は都道府県・市町村によって異なりますので、お住まいの都道府県・市町村の窓⼝にお問い合わせください。

監修:千葉大学大学院医学研究院 呼吸器内科 教授 巽 浩一郎

PAHを知る