Produce A Hope あなたのあしたにヒカリを Produce A Hope あなたのあしたにヒカリを

肺動脈性肺高血圧症(PAH)の
      治療は日々進歩しています。
一人で抱え込まず、
  PAHのこれからを一緒に灯していきましょう。
肺動脈性肺高血圧症(PAH)の
治療は日々進歩しています。
一人で抱え込まず、
PAHのこれからを一緒に灯していきましょう。

5月27日(木) オンラインイベント開催「60minutes Together -PAHバーチャルキャンプ-」

6分間の音楽プレイリスト

*6分間歩行検査は、肺動脈性肺高血圧症(PAH)や慢性呼吸器疾患、心疾患などの患者さんが受ける検査の一つです。6分間にどのくらい歩けるかを測定することで、運動能力を評価します。血管や心臓を流れる血流の状態(血行動態)は、運動能力と関連していると考えられています。本検査は、右心カテーテル検査や採血、心エコーなどと共に実施され、6分間歩行検査のみで病気が診断されることはありません。

PAHを知る

肺動脈性肺高血圧症(PAH)の症状や検査、
治療などについて調べてみましょう。

 こちら

自分の体なので、治療に受け身にならないことが大切だと思います。知識があれば選択肢も増えるし、治療への納得度も変わるなと最近感じています。(20代女性) 自分の体なので、治療に受け身にならないことが大切だと思います。知識があれば選択肢も増えるし、治療への納得度も変わるなと最近感じています。(20代女性)

PAHと暮らす

肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療中の日常生活や、
働き方について調べてみましょう。

 こちら

必要以上に気を遣われないように、病気のことは家族や友人にオープンに伝えています。気をつけるポイントだけ理解してもらうほうが私は過ごしやすいです。(30代女性) 必要以上に気を遣われないように、病気のことは家族や友人にオープンに伝えています。気をつけるポイントだけ理解してもらうほうが私は過ごしやすいです。(30代女性)

PAHの仲間に会う

肺動脈性肺高血圧症(PAH)患者さんの
体験談を読んでみましょう。

 こちら

治療を変えるときに、ライフスタイルがどう変わったかを、他の患者さんの話を参考にしました。リアルな声を自分も発信して返していきたいと思っています。(30代男性) 治療を変えるときに、ライフスタイルがどう変わったかを、他の患者さんの話を参考にしました。リアルな声を自分も発信して返していきたいと思っています。(30代男性)

※掲載しているコメントは個人の意見であり、
すべての方に当てはまるわけではありません。